Shot Bar探索 番外編 ※長文注意!※


【再々訪】BAR HERMIT Bourbon Side

 

ちょっとここ数日疲れ気味だったので、新店探索ではなく、HERMITに再々訪することにいたしました。

 

いつもはジントニックでスタートなのですが、今日は気分を変えてシンガポールスリングをオーダー。。と。。目の前で向山店長が作ってくれるシンガポールスリングは。。あれ?。。俺の飲みたいヤツじゃない。。これは。。ラッフルズスタイルってヤツじゃねぇの?(写真一番左のヤツ)

 

店長に聞いてみると、「はい。ウチはラッフルズスタイルで提供させてもらっています。このスタイルのお店がほとんどだと思いますよ!」とのこと。

 

「あの。ジンとレモンジュースとシュガーをシェイクして、ソーダで満たした後にチェリーブランデーを沈めてチェリーを飾る。。ってのはもう流行ってないんですか?」(写真左から二番目のヤツ)

 

と聞くと、「あ、オールドスタイルですね。そうですね。。今はあまりそのスタイルで提供しているお店はないのではないかと。。」だそうです。

 

ショック!!完全に俺の好きなシンガポールスリングは時代遅れなのか?昭和時代はラッフルズスタイルの方がマイナーだったハズなのにー。

 

ま、向山店長が作ってくれたラッフルズスタイルのシンガポールスリングはパインジュースが効いていてとても美味しかったですけどね。。でも、俺が飲みたかったのはコレじゃない!!。残念!!△

 

気を取り直して、今日の来店の目的である「Evan Williams 12years」と「The Yellow Rose Of Texas 15years」の飲み比べへ!

 

長い間My Favorite BourbonのNo.1の地位はEvan Williams 12yearsで不動だったのですが、先日、Bar STirageでThe Yellow Rose Of Texas 15yearsを飲んだ時に、「あれ?ひょっとすると今の俺の好みはこっちの方が上かもしれない」と感じ、是非「直接飲み比べ」をしてみたかったんです。

 

で、実際に「Evan Williams 12years」と「The Yellow Rose Of Texas 15years」を飲み比べてみた結果(どちらもアルコール度数は101プルーフで同じ)。。決定です。今日からNO.1は「The Yellow Rose Of Texas 15years」に変更します!!

 

なのですが、向山店長から信じられない一言が!「The Yellow Rose Of Texas 15yearsは僕も大好きで、Favorite Bourbonのベスト5に入るんですが、最近終売になってしまって、もう手に入らくなってしまうんですよね」だと!!マジですか!?本日2度目のショック!!というか、これはかなり重大なショック!!

 

最近なかったくらいに本気で落ち込みつつ、「似たような系統で他におすすめのBourbonってありませんかね?」

 

と向山店長に聞いてみると、KNOB CREEK NOAH'S MILL Henry Mckenna 10years Blanton's BAKER'Sを挙げてくれました。この中では、唯一BAKER’Sだけ飲んだことがなかったのでオーダー!!

 

一口飲んだ感想は。。107プルーフのガツンとくるのどごしとアルコール臭をまとった香りに「あ。これは違うかな?」という印象だったのですが、少し氷を溶かして飲んでみると、Evan Williamsのバニラ系の香りとKNOB CREEKのナッツ系の香りのミックス風な香りが漂ってきます。味も含めて、ある程度氷を溶かして加水した方がわたしの好みのようです。

 

本日は以上4杯おつまみなしで5,500円なり。

 

飲めるうちにThe Yellow Rose Of Texas 15yearsもっと飲んでおかなくちゃ!!


BAR HERMIT WEST

新宿区西新宿1-15-6 ゴールドビル 2F

03-5325-1368